Mi☆の「英会話で大切なこと」

新宿の某英会話教室で講師をしていた私が思ったこと

英語で聞く・話すが楽しく定着

2018.12.30

英語を嫌っている人も多いそうです。
外国人に道を聞かれそうになっただけで逃げる人も多いようです。
このSmall Talk という会話主体の英語教育で、そのような人も減っていくかと思います。

小学校の英語では、「読み・書き」をやるにしても、まだまだ理解ということは難しいということになるそうです。

逆に言葉を「聞く・話す」にしていくと、子どもは会話を楽しむようになるそうです。
小学校5年生では教師との会話をするそうです。
小学校6年制になると、生徒同士の会話をさせるそうです。
小学校5年生のときのSmall Talk というのは、教師が写真や実物を見せながらの簡単な会話をするそうです。
それはどこに住んでいるということを言って、そこにはコンビニエンスストアや本屋さんがありますということを言ったりするようです。
スーパーやデパートがありますが、レストランがないということを話すそうです。

そして好きなものを上げるということだそうです。

私は、寿司が好きです、ということを言ったら、今度は生徒たちに質問をするそうです。
どこに住んでいるのか、そこには何があるのか、それは何件あるのか、どんなコンビニがあるのか、自分の街に何が欲しいのか、ということを聞いていくそうです。
生徒たちは、それに対して何度も答えていくということをするそうです。
それから小学校6年では、生徒同士で対話をするようにするそうです。
子どもたちは、自分の住んでいる街が好きですか?
という質問に対しては、好きです。
街には公園があったり犬と一緒に散歩できる
など、答えることができるそうです。

確かに簡単な単語だけでも英会話はできるはずですが、なぜかこれらの言葉でてこなかったりするものです。
このような対話ができるようになると、英会話も楽しくなるかと思います。


サイト管理者

Mi☆

新宿の某英会話教室で講師をやってた時に気づいたことや思ったことをつらつらと書いています^^

カード画像のキャプション3

NEWS


2019.5.30

英会話で円滑に

2019.1.18

声に出すのが大事

2018.12.30

楽しく学ぼう!

免責事項:このサイトに掲載している情報にもとづき閲覧者がとった行為に伴い、閲覧者や第三者に損害が発生したとしても、サイトの制作者は責任を負うことが出来ません。
またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので、予めご理解の上サイトを閲覧ください。